【Crucial】初めてのSSD交換。交換手順や費用、速度の比較など紹介【その①】

6年以上使っている激遅PCをSSD化したところ、超快適に。これでPC購入という大きな出費を先送りできそうです。

今回はSSDへの交換手順や費用、速度など紹介します・・・が、ちょっと問題もあったので合わせてご紹介。

f:id:sittakaburio:20170827190629j:plain

 

そもそもSSDとは

ソリッドステートドライブsolid state drive, SSD)とは記憶装置として半導体素子メモリを用いたストレージ(特に、ディスクドライブ)として扱うことのできるデバイスである。

wikipediaより引用

意味わかんないっすよね。正直この分野は明るくないので正確ではないですが、ざっくり言うとHDDの代わりに使うとデータのやり取りが高速になる物のようです。

一度SSDを使うとHDDに戻れなくなるくらい快適らしい。

 

使っているPCスペック

メーカー:NEC

製品:LS150/F

発売時期:2011年 ←もらい物ですが、たぶん7年目くらい。

CPU:Pentium Dual-Core B950 2.1GHz/2コア

メモリ:4GB

HDD容量:500GB

OS:Windows 7 64bit ⇒ Windows10 無料update

 

スペックだけ見るとそこまで悪くないかなというイメージ。ただ、Windows10へ無料updateした辺りからめちゃくちゃ重くなりました。ちょっとしゃれにならないくらい。Google先生に聞きながら、色々削除したりOFFしましたが改善せず。

 

新品の購入を検討していましたが、7万円以上ふっとびそうなので躊躇していました。そんな時にSSD化という手段を知り、飛びつきました。

pssection9.com

 

 

必要な物

・HDDを交換するPC

 今回は、上記のNEC LS150/F。

・SSD

  Crucial というメーカーのSSDを使いました。元のHDD容量が500GBだったのでSSD容量も同じく500GBくらいのものを。

Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm 

・SATA USB変換ケーブル

  実際はエディオンで買いましたが、こんな感じのアダプターが必要でした。正直、そんな頻繁に使わないと思ったので一番安いのを買いました。こんなやつ。

SATAケーブル 5Gbps 高速 SATA3 コンバーター USB3.0 

・工具(ドライバー)

 PCからHDDを外す用。自分のPCは1番のプラスドライバーでネジ2本付け外しするだけでした。

 

やり方

①SSDとSATAケーブルを購入

 装置集めからですが、最寄りのヤマダ電機にはありませんでした。ただ、ちょっと大きめでPCのパーツなども扱っているエディオンでは販売していました。まぁ、近場でなければポチるってもんですかね。

 

②HDDから必要な情報をバックアップ

 元のPCのHDDから、必要なファイル類をコピー(写真やエクセルファイルなどなど)自分は外付けHDDに移動しましたが、USBでもドロップボックスでもお好みで。結構な量のデータがあったので自分は1~2時間ほどかかりました。後でわかったのですが、普通にSSDにした交換した後でもHDDからデータの移動はできたので、無理に移動させなくても良さそうです。

 

③SATA-USB変換ケーブルでSSDとPCを接続

 SATA-USB変換ケーブルを接続し、SSDを認識させます。SSDの金属部分を触らないように。また、静電気にも注意が必要なようです。可能ならアースを取っておいた方が良いみたいですね。今回、特に何もしてませんが。

 

④SSDにHDDのデータコピー

 ここらからはCrucial(SSDのメーカー)のサイトに移動してガイド通りに進めました。今回初めてCrucialという会社を知りましたが、日本語のガイドに加えて、動画(Youtube)での説明もあったので非常にわかりやすかったです。

www.crucial.jp

 

Crucialのサイトでデータコピー用のソフトを無料インストールできます。そのソフトの流れに身を任せればそのままデータコピーできます。途中で製品のシリアルナンバーを聞かれますが、製品が入っていた箱の底面に載っています。箱はそのまま交換したHDDのケースにもできるので捨てないほうが吉。

 

⑤Windows 10の初期設定

上記④を続けてくと、いつの間にかWindows10の初期設定に入ります。これも流れに身を任せて記入していればいいです。生年月日や地域、Wifiの設定とか入力。自分はWindows(マイクロソフト?)のアカウントを作っていなかったのでこの流れの中でアカウント登録しました。

一通り終わったら、通常のデスクトップメニューに辿り着けます。そこまで来たらシャットダウンして電源を切ります。

 

⑥HDDとSSDの入れ替え作業

HDDとSSDを入れ替えます。HDDの位置はPCによって異なりますがgoogleで検索すればその場所を知っている人がたぶん見つかると思います。自分は見つけました。場所さえわかればねじ2本外すだけでした。超簡単。

im-office.net

念のためHDDを抜く前に一度バッテリーを外し、電源ボタンを何回か押したほうが良いと思います。PCは作ったことないですが、自社製品を分解するときもそうしています。目的は装置内のコンデンサ等に残っている電気を飛ばすため。意外とコンセント抜いても残ってたりしますし。

 

ちなみにCrucialのSSDには枠?のようなスペーサ?が入っていました。正直、これは勘でSSDに貼り付けました。もともと両面テープがついていたのでそれっぽい感じに。今のところ問題ないです。

 

⑦PCを起動して、外付けHDDからデータ移動

SSDを無事に取り付けたら、PCを起動します。自分は特に問題が起きなかったので、そのままデータを外付けHDDからSSDに移動して終了しました。

 

以上。

 

効果測定

せっかくなのでCrystalDiskMarkというフリーソフトを使用してスピード比較してみました。 正直、この数字の見方はあまりわかっていませんが圧倒的にスピードアップしているようです。 

CrystalDiskMark - ソフトウェア - Crystal Dew World

 

Before

f:id:sittakaburio:20170827183210p:plain

 

After

f:id:sittakaburio:20170827183216p:plain

 

今回発生した問題

2点あります。

①Windows10のライセンス認証がうまくいっていない。

 どうも上手く認証してないようです。ディスプレイの右下になんか出てきます。とりあえず無視しています。

f:id:sittakaburio:20170830223900p:plain

②Officeが使えなくなっている。

 PCにプリインストールされていたOfficeが使えなくなっています。自分は資産管理にエクセルを利用しているので地味に困っています。ただ、エクセル地味には高い。6000円~10000円程度。とりあえず、無料のOffice Onlineで凌いでます。

 

リカバリーディスクなどがあれば復旧できそうです。ただ、自分が譲ってもらった時には既にありませんでした。残念。ですので、今回まとめたやり方ではなくクローンコピーという方法で今度の土日にやってみようと思います。

 

SSD変更の費用

 SSD:約19,000円

 ケーブル:約1,000円 

合計:約20,000円

 

まとめ

約2万円の出費なので安いとは言えませんが、同じようなスペックの物を買おうと思うと最低でも7万近く必要そうなので安上がりだったことにします。スピードに関しては今のところ文句なしです。爆速。ただし、自分の場合はWindows10の認証が失敗、プリインストールのOfficeがついてこなかったという問題あり。今回の問題は解決したところでまた投稿します。

↓解決しました。

www.yutori1oku.com