【Crucial】初めてのSSD交換。交換手順や費用、速度の比較など紹介【その②】

パソコンのHDDをSSD交換した話の続編(解決編)です。Windows10とOfficeが上手くクローン(複製コピー)できていないという問題が発生しました。この土日で解決しましたので SSDクローンコピーの方法をご紹介します

www.yutori1oku.com


 

SSD化することで非常に快適になりましたが、交換、クローン作業はあくまで自己責任でお願いします。

f:id:sittakaburio:20170903142426j:plain

 

 

Acronis True Image での失敗

 前回はAcronis True Imageを使用してHDDからSSDへのクローンコピーに挑戦しました。結果的にSSD化はできてPCは立ち上がったのですが、OSやOffice、HDDデータの情報など引き継がれていませんでした。

 

個人的にはエクセルを資産管理に利用しているためOfficeが使えないことがクリティカルな問題だったため再度クローンし直すことにしました。Web上で評判の良かった、 今回はEaseUS Todo Backup Free を使用してクローンコピーを実施。

 

EaseUS Todo Backup Free 10.5 クローンの手順

⓪事前準備

作業を始める前に重要なファイルはバックアップを取っておいてください。自分は写真類や大事なファイルを外付けHDDに保存してから作業開始しています。

 

また、バックアップが終了した後はHDDとSSD以外の物は外しておいたほうが間違いが少ないです。外付けHDD、USBメモリ、CDなど。

 

① EaseUS Todo Backup Free をダウンロード

 まずはEaseUS Todo Backup Freeをダウンロード、そしてインストールします。昨日時点での最新がVer.10.5だったため、そちらを利用しました。フリーソフトです。

 

追記

コメントで公式サイトの案内をいただきました。EaseUS Todo Backup Freeの日本語公式サイトはこちらだそうです。アクセスしましたが、公式はこちらっぽいですね。で検google索してもこちらのサイトにたどり着けます。

jp.easeus.com

 

EASEUS todo Backup Free 10.5 - インストール順序

 

②SSDをPCに接続

前回の記事でも記載しましたが、SSDはCrucialの525GBモデルを使用しています。また、SSDとPCを接続するのにSATA-USB変換ケーブルを使用しました。

 

【送料無料】CrucialCT525MX300SSD1/JP (SSD/2.5インチ/525GB/SATA)

価格:18,981円
(2017/9/3 15:02時点)
感想(3件)

 

【sata usb 変換アダプター】SATA-USB 変換ケーブル 2.5インチ SSD / HDD対応 SATA to USB USB3.0 高速 sata usb 変換 変換ケーブル sata sata 変換アダプター 給電USB不要 品質保証 iitrustメール便発送[M便 1/1]

価格:998円
(2017/9/3 14:58時点)
感想(9件)

 

③EaseUS Todo Backup Free 10.5を起動

EaseUS Todo Backup Free 10.5を起動します。おそらくデスクトップ上にあると思います。起動すると次のような画面になると思うので右上の 「クローン」を選択します。「クローン」と「システムクローン」のわかりませんが、「クローン」の方で問題ありませんでした。感覚的にはクローンはHDDのデータ全て、システムクローンはOSをコピーするイメージでしょうか。

f:id:sittakaburio:20170903132327p:plain

 

④ソースディスク(コピー元)の選択

「クローン」を選択すると次のような画面になります。 ソースディスク(コピー元)の選択です。今回はPCに元々入っているHDDを選択します。チェックボックスで選択したら次へをクリック。

f:id:sittakaburio:20170903132315p:plain

 

⑤ターゲットディスク(コピー先)

続いて ターゲットディスク(コピー先)の選択です。当然、SSDを選択します。基本的には先ほど選んだものと違う方を選べばいいはずです。容量やドライブの文字を確認しながら選んであげてください。

f:id:sittakaburio:20170903132957p:plain 

また、HDDからSSDにクローンコピーする場合はSSDの最適化という所にチェックを入れた方が良いそうです。左下のバックアップオプションを押すと下の図のように SSDに最適化というものが選べます。これを選択したら次へ。

 

f:id:sittakaburio:20170903134133p:plain 

 

⑥クローンの実行

選択が終了したら クローンの実行です。右下の実行ボタンを押したらクローン作業が開始します。下の図は、ブログ用にクローン後に画面を出したのでターゲットも容量がいっぱいですが、おそらく普通は空っぽだと思います。

f:id:sittakaburio:20170903134239p:plain

⑦クローンの終了

終了したらこんな画面になります。無事に終了したら完了を押してPCをシャットダウン。HDDからSSDに交換して立ち上げればそのまま使えるはずです。f:id:sittakaburio:20170903134528p:plain

注意点としては自分の場合15時間以上かかりました。残り時間は減るどころか増える一方。原因は不明ですが、HDDの容量が多かった(300GB/500GBくらい使っていた)、HDDの性能が悪かったあたり原因でしょうか。これを機にHDDの無駄なファイルを削除してからクローンした方が良かったかもしれませんね。 

 

クローンコピー作業で起きた問題と解決方法

自分がクローンコピーをする時に出会った問題と解決方法をご紹介します。

 

問題①SSDの初期化方法がわからない

 自分は一度SSDにデータを書き込んだので、リセットする必要がありました。

解決方法① フリーソフトEaseUS Partition Master 12.5を使用

 下記のサイトさんで紹介していますが、フリーソフトを利用することでSSD内のデータを完全に削除できます。間違えてコピー元のHDDの内容を削除しないようご注意ください。SSD&HDDを完全に初期化する方法

 

 問題②クローンコピー中にエラー発生

 このエラーで数時間無駄にしました。何回かトライしてみましたが、毎回同じようなところでエラー、失敗していました。

f:id:sittakaburio:20170903135904p:plain

解決方法②ドライブのスキャン

 エクスプローラーなどから、下記図のPCの所まで行きます。エラーが起きているHDD(自分の場合はCドライブ)の上で右クリック、プロパティを開きます。プロパティのツールタブ⇒エラーチェックを実行するとPCが自力でエラーを見つけてくれます。エラーが見つかったところで「修復する」を選択していくと自力で修復してくれます。PCの流れに身を任せれば大丈夫です。この修復が終われば問題なくクローンコピーできました。

f:id:sittakaburio:20170903140122p:plain 

 

SSD効果の確認

前回と同じく、CrystalDiskMarkを利用して処理速度を測定。相変わらずHDDに比べて爆速になっています。

 CrystalDiskMark - ソフトウェア - Crystal Dew World

before(HDD)

f:id:sittakaburio:20170827183210p:plain

After(SSD

f:id:sittakaburio:20170903141934p:plain 

 

少々遠回りもしましたが、無事に解決することができました。

よかったよかった。