【株式投資】東証一部昇格銘柄の探し方。先回り投資。

投資手法の軸にしようとしている、東証一部昇格候補銘柄の探し方について備忘録がてらまとめました。

f:id:yutori1oku:20170930164413j:plain

一部昇格候補銘柄投資とは

一部昇格候補銘柄投資とは東証二部やマザーズなどから、東証一部に市場変更する銘柄候補に投資することです。

 

だからなに?と最初は思いました。

・・・が、かなり有効な投資手法だと考えています。

 

東証一部に市場変更するとその銘柄は必ず買われます。なぜならTOPIXに連動させるファンドがあるからです。TOPIXに連動するためには東証一部の銘柄すべてを網羅する必要があります。したがって、株価の高い安いによらず東証一部に市場変更した銘柄を一定量買わなければいけないのです。そのため、東証一部への昇格で株価はぐんと上昇します。 

 

「長いものには巻かれろ」じゃありませんが、ファンドの流れに乗ることは個人投資家にとって合理的だと考えます。

 

市場変更基準

じゃあ、何を持って東証一部に市場変更されるのか。こちらは一定の基準が決まっています。色々と条件がありますが、大きなポイントは

 株主数:2200名以上

 時価総額:40億円以上

の二つのようです。この数字を見れば市場変更しそうだとか、まだまだ無理そうだなど判断できます。正確には下記表のような条件が必要です。

f:id:yutori1oku:20170930162554p:plain

一部指定・指定替え・市場変更基準 | 日本取引所グループ 引用

 

また、大前提としてその会社が東証一部に市場変更する気がある事も重要です。東証二部に市場変更して10年以上市場変更しない銘柄もあります。こちらは、直接聞いてみないと確かめようがありませんがたまに経営計画や社長メッセージにヒントがでています。そちらも投資の参考にさせていただいています。

 

候補銘柄の探し方

昇格条件はわかっても、東証一部以外の全銘柄を探すとなると気が遠くなる作業です。ですので、特に3点ほどに絞って銘柄を選定しています。

探し方①東証二部に市場変更した銘柄

マザーズやJASDAQから東証二部に市場変更する企業は、一部昇格候補が多いようです。自分が期待している青山財産も2015年に東証二部へ市場変更しています。日本取引所グループのサイトで市場変更企業を調べることができます。

市場変更銘柄一覧 | 日本取引所グループ

 

探し方②株主優待新設、拡充

株主優待の新設や拡充も候補を絞る手段です。なぜ株主優待かというと昇格するためのポイント、株主数2200人以上を満たすためです。株主優待を新設すると個人投資家の買いが増えるため人数を稼げるようです。ですので、株主優待新設や拡充も候補を見つけるチャンスだと考えられます。株主優待新設の情報も同じく日本取引所サイトで確認できます。全部見るのは大変なので、優待で検索かけてます。

適時開示情報閲覧サービス | 日本取引所グループ

 

探し方③ブログを参考にする

ぶっちゃけ自分は人様のブログを参考にしていました。比較的ポピュラーな手法なので色々なブログ様で候補銘柄が紹介されています。そちらを参考にするのが簡単です。

ただ、その方法ではブログを書く方のタイミングになってしまい数手遅れます。銘柄を見てみるとすでに暴騰していたり。これからは①、②を確認しながら投資しようと思っています。

 

以上です。今のところ手持ちの株で期待している銘柄は「青山財産ネットワークス【8929】」です。どんどん株価が上がってきています。

www.yutori1oku.com

www.yutori1oku.com