従業員持株会のメリット、デメリット

自社株を保有する従業員持株会に加入するか悩んでいます。そこで、この制度のメリット・デメリットをまとめてみました。結論としては、加入します。

f:id:yutori1oku:20171021233034j:plain

従業員持株会とは

従業員持株会とは、従業員の自社株式取得にあたり会社が拠出金の給与からの控除、奨励金の支給などの種々の便宜を与えることにより、従業員の自社株取得を容易にし、財産形成を助成する制度です。

従業員持株会とは│従業員持株会(従業員の方へ)│SMBC日興証券

ざっくり言うと、毎月の給料の一部で自社株を買う制度です。普通、株を買うときは「最低単元株」という購入単位があるので「数万~数十万円」の元手が必要になります。でも、持ち株会の場合は少額から購入できるようです。少額かつ給料天引きで株購入ができるので、あまり気構えずに株式投資が始められます。

会社としても変な人に株を買われるより、社員が持っていたほうが安心ですしね。 

 

持株会のメリット

①奨励金が出る(5~15%程度)

おそらく最大のメリットは奨励金制度。弊社は10%の奨励金が出ます。つまり、1万円分購入したら1千円分会社が上乗せ。買う瞬間から10%の利益が出ているって事です。これはうれしい!

株式投資歴2年程度ですが、利回り10%を安定して叩き出すのはなかなか困難なので、有利な仕組みかと。この辺が人気の理由ですね。

②給料天引きで、手間がない

天引きされるので、購入手続きの手間がありません。そして、購入タイミングで悩む必要がないのは良いですね。自分がココだと思って購入した直後に、株価が下がるのは精神衛生上とても悪いので。

③仕事を頑張るモチベーションになる(?)

「仕事頑張る」⇒「業績up」⇒「株価up」⇒「自分の資産が増える」⇒\(^o^)/

という正のスパイラルになり、仕事を頑張るモチベーションになる・・・かも。まあ、自分の資産に関わるので会社の業績や方針を勉強するきっかけにはなりそうですね。

 

持株会のデメリット

①会社と自分の資産、運命共同体に

ここが最大のデメリット。会社の業績が悪くなると給料と資産(株)が同時にダメージを受けてしまう。極端な話、会社が倒産すると給料と資産(株)が同時になくなってしまいます。これはシャレにならない!

最近だと神戸製鋼や日産、東芝など大きな企業がいろいろ揉めてますし、ない話ではないですね。リスク分散の観点では弱いのが泣き所。

②投資のタイミングを選べない

天引きの自動購入なので、高値掴みリスクがあります。逆に割安だから多めに買うこともできません。1回の購入口数で多少調整できると思いますが、弊社の場合、口数変更は半年に一回なので応答性は高くないですね。

③すぐに現金化できない

現金化するまでに時間がかかるようです。まあ、基本はすぐに使わない余裕資金でやってみるってところですかね。

④株主優待がもらえない

株主優待もらえないそうです。弊社は優待ないので無関係かな。

 

まとめ

f:id:yutori1oku:20171021233337j:plain

従業員持株会に関して個人的な見解をまとめると。

・最大のメリット:「奨励金」

 ⇒奨励金で10%程度 有利に株が買える。利回り10%と結構良い。

・最大のデメリット:「会社との運命共同体化」

 ⇒会社が傾くと給料と株価ダブルで下がってしまう。リスク分散性は確実に低下。

 

・・・で、どうするのって話ですが、結論としては「買います」

 

理由は2点、「やはり奨励金は美味しい」「まだ成長余地のある会社だと思っている」からです。少々株価は割高なのでまずは1万円ずつ積み立ててみます。