人気の「瞬間英作文」、2カ月ほど使ってみた感想。

基礎から英会話を勉強するため、評判の良い「瞬間英作文」に取り組んでいます。2カ月ほど使ってみた感想を。

f:id:yutori1oku:20171022202437j:plain

 

英語を勉強し始めたきっかけと目標

昨年のアメリカ出張でまーったく英語がしゃべれないという苦い経験がきっかけです。言っていることはそこそこわかるのに、「7時に迎えに来て欲しい」という一言すらしどろもどろに。

ですので、まずは日常英会話ができることを目標に勉強しています。ちなみに自分の英語のレベルですが、TOEIC 600点台くらいです。読んだり聞いたりは少しできるけど全くしゃべれない。。。

瞬間英作文とは

「瞬間英作文」とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというものです。文型ごとに中1・中2・中3のレベルに分けて付属のCDと一緒にトレーニングしていきます。簡単な英文さえ反射的には口から出てこない、相手の話す英語は大体わかるのに自分が話すほうはからきしダメ、という行き詰まりを打破するのにとても効果的なトレーニング方法です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング CD BOOK|書籍案内

瞬間英作文は「瞬間的」に「日本語⇒英語に置き換える思考回路」を作ることを目指した本です。そのため、出てくる例文は全て中学生レベル。難しい英文を覚えるのではなく負荷の小さい短文をたくさん覚えて「わかる」から「できる」にしていく方針です。Amazonでもかなりの高評価。

 

この本の構成ですが、見開きの左ページに日本文、右ページに英作文の模範解答が載っています。基本的にすべて簡単な例文です。例えば

「これは良い本です。」⇒「This is a good book.」

のレベルからスタートしています。中1・中2・中3のレベル毎にパートがわかれています。この一冊に合計900文くらい例文があり、これらをどんどん英作文にしていきます。

 

瞬間英作文の使い方

一応、簡単に使い方を説明。前述のとおり、見開きの左ページに日本文が、右ページに模範解答の英作文が並んでいるという構成で次のように使います。

f:id:yutori1oku:20171022195504p:plain

 Step①左ページの日本文を見て、英作文を作る

 Step②右ページの模範解答の英文を見て、答え合わせ

 Step③模範解答の英文を口になじむまで音読

 Step④最後まで解いたら、英作文を1回ずつ流す

 Step⑤①~④のステップを10サイクル程度繰り返す

という流れです。重要なのは「Step③の口になじむまで音読」「Step⑤の10サイクルほど繰り返す」のようです。瞬間的にできるようになるまで、徹底的にやりこむ事を推奨しています。この本は冒頭の数ページに渡り使い方を丁寧に紹介してくれています。

使ってみた感想

f:id:yutori1oku:20171022202759j:plain

結論から言うと良さそうです。Step⑤でサイクルを重ねるごとにどんどん英作文化が反射に近づくのがわかります。実際に時間も測定しているのですが、回を重ねるごとに確実に英語にする時間は短くなっています!

 1サイクル目:英作文にする所要時間10~20秒/文

 10サイクル目:所要時間は3~5秒/文 程度!

実質、音読する時間だけです。見た瞬間に英作文にできるようになります!!

 

なかなか良い・・・のですが、めちゃくちゃ勉強時間かかります!!

1日5ページ、50例文ずつのペースで学習を進めています。勉強時間は1日30~60分くらいですかね。2カ月やっていますが、やっと1/3程度終わった所です。まだ、中1レベルですよ。

 

さぼった日があるのは認めますが、各ページを10サイクルする必要があるため相応の時間がかかってしまいます。まだまだ先は長いです。

 

感覚的には良さそうですが、効果のほどは本書を一周した所でレビューをしようと思います。一応、英会話スクールのAEONにも通っているので並行して英会話の実践練習もしています。今年度中にはある程度しゃべれるようになりたいな。

www.yutori1oku.com