【節税】サラリーマンができる節税、ふるさと納税。今年選んだ5点をご紹介します。【おすすめ】

年の瀬も近づいてきましたので、ふるさと納税枠を使い切りました。今年申し込んだ5点「①ビール」「②お米」「③豚ブロック」「④うに、いくら、明太子」「⑤豚肉詰め合わせ」をご紹介します。

f:id:yutori1oku:20171028095727j:plain

そもそも「ふるさと納税」とは

サラリーマンが簡単にできる節税手段です。一昨年から自分もやっていて、今年が3年目。

event.rakuten.co.jp

ふるさと納税は、全国各地の自治体に寄附ができる制度。収入などで決まる限度内であれば、寄附額から2千円を引いた額の税金が控除所得税・住民税)されます。そして、寄付のお礼として返礼品をもらえるのが特徴です。

ざっくり言うと、2千円の自己負担で返礼品をもらえる仕組みです。なので、返礼品の価値が2千円以上であれば得できます。

 

ちなみに自分は楽するために「ワンストップ特例制度」を使っています。この制度を使用すれば確定申告不要。ワンストップ特例制度の注意点は主に3点。

 ①申し込める上限は5自治体

 ②控除できる寄付額に上限あり(控除額は今年の年収で決まる

 ③申請書の提出が必要

5自治体は普通に数えてもらえれば間違えないと思います。控除できる上限額はシミュレーションサイトを利用させてもらっています。でも、今年の年収なんて読めないのですこし少なめに納税しています。

 

<控除シミュレーションできるサイト例>

計算シミュレーション|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税

控除金額シミュレーション | ふるさと納税サイト 

【楽天市場】ふるさと納税| 寄附金控除シミュレーション

自分は楽天の物を使ってみました。子供ありなしなど、条件によって数値は変わります。自分の今年の年収は550~600万辺りだと思うので、寄付額上限は71,375~79,650円。少し余裕を見て、65,000円寄付します。

今年申し込んだ5自治体

いよいよ本題の納税先についてです。

①福岡県福智町 キリン「一番搾り」生ビール(350ml×24缶)

【ふるさと納税】【数量限定】キリン「一番搾り」生ビール(350ml×24缶)福岡工場産

価格:10,000円
(2017/8/27 16:36時点)
感想(9件)

 寄付金:1万円

 返礼品:ビール、4500円相当(価格.com調べ)

 還元率:45%

普段は金麦など第3のビールを飲んでますが、せっかくなのでちゃんとしたビールを手に入れました。見たところ、還元率はこちらの自治体が高そうでした。

②山形県酒田市 つや姫 5kg×6袋(30kg)セット

【ふるさと納税】お米はここまでおいしくなれる山形県ブランド米平成29年産米 つや姫 5kg×6袋(30kg)セット

価格:20,000円
(2017/8/27 16:38時点)
感想(155件)

 寄付金:2万円

 返礼品:お米、13500円相当(価格.com調べ)

 還元率:67.5%

手堅くお米も手に入れています。ちなみにお米は毎年ふるさと納税で手に入れるので、今年も去年もお米買っていません。

③山形県河北町 山形県産豚肉3種盛り約2500gセット

【ふるさと納税】山形県産豚肉3種盛り約2,500gセット

価格:10,000円
(2017/8/27 16:39時点)
感想(104件)

 寄付金:1万円

 返礼品:豚肉、4000円前後くらい?

 還元率:40%前後?

豚の角煮が作りたくて購入。期待通りの美味しさでした。

④静岡県焼津市 うにいくら明太子セット

【ふるさと納税】153-075 うにいくら明太子セット

価格:15,000円
(2017/10/28 09:35時点)
感想(20件)

 寄付金:1.5万円

 返礼品:うに100g、いくら200g、からし明太子250g

 還元率:40%前後?

ご飯のお供が欲しくて購入。ふだん食べない「うに」も混ぜました。昔はうになんてきらいでしたが、最近好きになってきました。

⑤宮崎県川南 味蕾豚満喫セット

【ふるさと納税】期間限定おまけ付き!参協味蕾豚満喫セット29年12月発送分 人気の一品

価格:10,000円
(2017/10/28 09:41時点)
感想(494件)

  寄付金:1万円

 返礼品: ロース又は肩ロース(ソテー用)180g、バラ(しゃぶしゃぶ用)190g、ウデモモ切り落とし250g、ウデ・モモ(味噌漬け)200g、ウデ・モモ(ミンチ)250g、生ハムロース又は肩ロース70g、生ハムモモ切落とし120g

 還元率:流石にめんどくさいので計算してません。

色々な種類の味を楽しみたかったのでこちらを購入。

 

去年、一昨年は高還元率に貪欲でしたが、今年は自分が食べたいものに納税することにしています。コスパ抜群の「豚バラ4kg!」みたいな物も試しましたが、フルタイムの共働きにとっては多すぎて使いづらかった。冷凍庫入りきらん。最近は少量多品種の方が好みです。

 

さらにお得に申し込むに楽天活用

 

基本的に、楽天経由でふるさと納税しています。理由は簡単、楽天ポイントが付くから!今年は65,000円分を申し込んでいます。還元率は5%でした。したがって、

 

 65,000円×5%=3250円分のポイント

 

最初に触れたとおり、自己負担額は2000円なのでポイントで元とっています。むしろプラス。楽天にこだわる必要はありませんが、ポイントは上手に活用するべきだと思います。楽天スーパーセールなど、ポイント還元率の高い時に申し込むとさらに有利です。

 

 サラリーマンが簡単にできる節税は少ないので、ふるさと納税やNISAなど積極的に活用していきます。iDecoもお得そうですが、流石に30年後まで引き出せない貯金はする気になれません。

www.yutori1oku.com