資金100万円でこれから株を始めるとしたら、何がオススメ?真面目に考えてみた。

日経平均株価20年ぶりの高値や、ビットコインで儲けたなど景気の良い話が多いですね。そんな中、これから投資を初めてみようかなという方もいるかと思います。もし資金100万円でこれから始めるなら、どんな投資をするべきか。まだまだ勉強中の身ですが本気で考えてみましたので、5つほど提案します。

※あくまで投資は自己責任でお願いします。

f:id:yutori1oku:20171105000315j:plain

超重要な2つの前提

・投資は余裕資金で行うべきである

 貯金100万で100万投資は危険です。最悪なくなっても何とかなる額で始めるべきです。数年前のリーマンショックなど記憶に新しいと思いますが、株は暴落するリスクがあります。マイナスにはならなくても、無価値(0円)になるリスクは承知しておく必要があります。最低でも生活費2~3ヵ月分は残す。

 

・分散投資を行うべきである

「1つのカゴにすべてのたまごを盛るな」という格言があります。1つのカゴにすべて盛ってしまうと、落とした時にすべてのたまごがダメになってしまいます。前述の通り、株は無価値(0円)になるリスクがあります。できるだけ分散して投資する事で全滅のリスクを低減できます。したがって、「複数の銘柄への分散投資」や「購入タイミングをずらすという時間的分散」が重要です。

 

案①投資信託で積立投資

 

f:id:yutori1oku:20171105000437p:plain

 

本題に入りたいと思います。1つ目の案は投資信託での投資です。投資信託はファンドにお金を預けて運用してもらうという投資方法です。プロにお願いできる安心感と、100円から投資できるという手軽さから人気です。試しに始める方にはベストの選択肢だと思います。

 

注意点は、運用をお願いするため手数料が発生してしまう事です。利益が出ているときは良いですが、仮に損していても機械的に手数料を取られてしまいます。なので手数料の安い銘柄を選ぶことが重要です。

また、投資信託は基本的に配当金が出ません。配当金を我々に渡すのではなく、プロたちがその配当金でさらに株を買って資産を増やしていってくれています。損しているわけではありませんが人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

 

おすすめ投資信託を選ぶとすれば

f:id:yutori1oku:20171105000905j:plain

実は結構簡単です。なんと「金融庁」がおすすめ商品を挙げてくれているからです。ざっと見ましたが、この中から選べば外れはなさそうです。お好みの物を選んでください。一応、その中から自分なりにおすすめを挙げておきます。

 

①iFree TOPIXインデックス 0.1836%

日本株に幅広く投資する投資信託です。手数料が0.1836%以下と激安です。日本株なら身近な企業にも投資されていることから安心感はあるかと思います。アベノミクス+東京オリンピックで値上がりも期待できるのではないでしょうか。

②iFree 外国株式インデックス 0.2052%

日本を除く世界の主要国に幅広く投資する投資信託です。手数料は0.2052%で安めです。主要国へ分散して投資できるのでリスクを抑えて運用できます。海外に投資したいならこちらも良いと思います。

③iFree S&P500インデックス 0.243%

アメリカのS&P500というインデックスに投資する投資信託です。日本でいうところの日経平均のようなものです。このS&P500は投資の神様と呼ばれるバフェットもオススメしています。間違いない銘柄の一つだと思います。

④セゾンバンガードグローバルバランス 0.68%

世界各国の株と世界の債券にバランス良く投資してくれる投資信託です。信託報酬は割高ですが、他と組み合わせる必要がないので最も手間は少ないです。これ一本に任せておけば勝手に資産を築いてくれるはずです。

 

他にも良さそうな物はありますが、こんな所かと思います。自分も投資信託に毎月1万円投資するところから投資のペースを掴み始めました。 

 

案②株主優待銘柄に投資する

 

f:id:yutori1oku:20171105001234p:plain

株主優待を出している銘柄への投資も良い選択肢だと思います。株主優待とは一定量以上の株を買ってくれた方にお礼として、自社商品や割引券、クオカードなどで還元してくれる制度です。マクドナルドの優待なども人気ですね。株主優待といえば自転車で爆走する桐谷さんなども有名だと思います。

 

自分も「吉野家」「すかいらーく」などいくつか株主優待株は保有しています。優待券で食事ができるので重宝しています。ただ、全ての企業が株主優待を出しているわけではないので、人気ランキングなどでおすすめ企業を選ぶと良いかと思います。

 

株主優待銘柄への投資のメリットは、優待がもらえることに加えて値下がりに強いという点があります。理由はみんな「優待が欲しいので手放さない」&「株価が値下がりしたら買う人がいる」からです。

個別銘柄のなかではリスクが低めで優待というプレゼントも嬉しいものなのでおすすめです。デメリットは個別銘柄という事でまとまった金額を一気に使う必要があることです。例えば、吉野家なら最低15万円強の資金が必要です。(2017.11現在)

 

案③米国株への投資

f:id:yutori1oku:20171105001604j:plain

最近の流行、米国株への投資も候補の一つです・・・が、リスクと敷居は少々高めかと。米国株の購入は証券口座を開けば簡単です。誰しもが知っているGoogleやApple、Amazonなどに1株単位(数万円)から投資することが可能です。また、おすすめは米国株に分散投資できるETFです。ETFの詳細は割愛しますが、投資信託の親戚です。

 

米国は日本より投資が浸透しているので、株主に対する還元が重視されている点と力強く成長し続けている点から人気があります。

 

ただし、ドル建ての投資になるため為替変動のリスクがあります。急な円高が発生すると資産が目減りしてしまいます。また、敷居が高い理由は情報収集のしづらさです。基本的に時差があるため、市場のタイミングが半日ズレます。また、投資家向けの情報も英語で出てくるため読み解く必要があるので手間がかかります(英語が堪能ならこれは問題ありませんが)

 

米国株オススメ銘柄

米国株への投資先として、オススメは「米国株に分散投資できるETF」と「数十年配当金を出し続けている連続増配企業」です。連続増配企業は超有名企業ばかり。

<ETF>

・VTI:米国株全体に投資(日本で言うTOPIXのイメージ)

・VOO:S&P500に投資(日本で言う日経平均のイメージ)

<連続増配企業>

・コカ・コーラ

・マクドナルド

・ジョンソン&ジョンソン

・P&G

・ウォルマート などなど


案④一部昇格候補銘柄への投資

自分のお気に入りの投資法ですが、投資に慣れてから始めたほうが良いと思います。

ざっくり説明。株式市場にも「種類」や「格」というものがあります。東証一部、東証二部、マザーズなどなど規模や信用性、売買の多い少ないで決まっています。現在、国内では「東証一部が一番格上の市場」です。この東証一部に昇格しそうな有望銘柄に投資してあげる手法になります。興味のある方は、こちらをご参考にしていただければと思います。

www.yutori1oku.com

 

案⑤IPO投資

IPO投資も面白い選択肢だと思います。IPOとは新規公開株の略称です。この新規公開株は抽選でしか買えないのですが、もし当たった場合、7割以上の確率で値上がり益を手に入れられるみたいですよ。詳細は下記サイト様などご参考にどうぞ。

www.ipokiso.com

 

まとめ

f:id:yutori1oku:20171105000156j:plain

5つほど投資先の案を出しましたが、初めての場合のおすすめは断トツで投資信託です。

 

理由は、「少額投資」かつ「分散投資」できるので圧倒的にとっつきやすいです。まずは投資信託で数万円ずつほど毎月定額の積立投資をして場数を踏むのがベストだと考えます。

 

ですので、一度で100万円を使い切るのではなく2年計画くらいを提案します。

<銘柄案>

 ・iFree TOPIXインデックス:1万円/月

 ・iFree 外国株式インデックス:1万円/月

 ・iFree S&P500インデックス:1万円/月

 ・株主優待銘柄:20万円/年

<計画案>

 1年目:3万×12ヵ月+20万=56万円

 2年目:1年目+3万×12ヵ月=92万円

もし慣れてきて本格的に投資したくなったら、個別銘柄やETFに切り替えていけば良いと思います。ですが、最初の3ヵ月くらいは投資について勉強しつつ練習すべきだと思います。

 

一応、紹介したものに順番をつけると

 ①投資信託>>>②株主優待>③米国株>④一部昇格>⑤IPO

です。米国株もなかなか魅力的ですよ。ただ、近いうちに株価暴落の恐れも噂されているので徐々に投資することをお勧めします。

 

ちなみに証券口座はどこでも良いと思いますが、NISA口座の開設もお忘れなく。税金が控除されるのでお得です。自分はSBI証券を使って運用しています。

 

また、一攫千金的な投資(投機)をしたいのであれば、株でもFXでもレバレッジをかける必要があります。相応のハイリスクになりますが。

matome.naver.jp

おまけ:おすすめ書籍

もし本格的に投資に取り組むのであれば、「敗者のゲーム」と「株式投資の未来」をおすすめ書籍として挙げておきます。この本を読むと米国のインデックス投資を始めたくなると思います。