この1週間の株価暴落で思ったこと

この1週間は株価の乱高下がいつになく激しいものでしたね。ダウ平均の下げ幅もリーマン以来とか、史上最大の下げだとか。なかなか肝を冷やしました。日本企業の業績は悪くないので一過性の物だと信じたいところです。 

米国株の急落は「バブル崩壊」の始まりなのか

◆日経225

f:id:yutori1oku:20180211111129p:plain

◆S&P500

f:id:yutori1oku:20180211110238p:plain

資産状況

f:id:yutori1oku:20180121184035j:plain

先週からの資産推移です。

 評価額:478万⇒459万

 含み益:94万⇒76万

株価下落から少し盛り返しましたが、含み益は20万円ほどいなくなりました。悲しい。日本株はわりと盛り返してくれましたが、米国株があまり帰ってきてないですね。むしろ買い増しのチャンス?

 

わかった事

f:id:yutori1oku:20171119200547j:plain

コツコツ投資を始めて2年ほどですが、初めてちゃんと急落を体験しました。改めて感じたことをつらつらと。

株価が下がるときは全部下がる。日本、米国、新興国、世界分散しても。

有望株は急落後でも株価は戻ってきたが、いまいちな株は戻ってこない

・なんだかんだ債券は変動小さい

・含み益は利益確定するまで利益じゃない。。

「株式以外への分散」「利益確定」の重要性をあらためて認識しました。株式以外に分散しておけば、暴落時にはそれを売って株を買えますしね。

 

今後の進め方

f:id:yutori1oku:20171210111851j:plain

基本路線はそのままですが、リスク回避をもう少し進めていきます。

 ①インデックス積立投資を継続(VT,VTI)

 ②債券投資を加速(BND)

 ③金鉱株など逆相関保持も継続(HMY)

 ④含み益は利益確定しておく

 ⑤有望株は事前に目をつけておく

右肩上がりの相場が続きますように。

www.yutori1oku.com