個人的には朗報。SBI証券で米国株式/米国ETF定期買付サービス開始するそうです。

本日夕方より、SBI証券で「米国株式/米国ETF定期買付サービス」開始するそうです。毎月米国ETFを手動で購入していた自分としては楽ができるのでとてもうれしい!

f:id:yutori1oku:20180310084559p:plain

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)

 

 

定期買付サービスで出来ること

①買付日を指定できる

定期的に買付したい銘柄に対して、買付日を指定できます。毎月の設定日(日付指定、曜日指定、ボーナス月指定)に自動で注文発注します!自動でやってくれるので楽ちん。

②指定した株数や金額で購入できる

「株数指定/金額指定」、「円貨決済/外貨決済」の組み合わせが設定可能です。

③NISA枠ぎりぎり注文ができる

 

「NISA枠ぎりぎり注文」、「課税枠シフト注文」が選択できます!

・NISA枠ぎりぎり注文

⇒定期買付金額がNISA枠を超えそうになったら、NISA枠内まで引き下げて購入してくれる。

・課税枠シフト注文

⇒定期買付金額がNISA枠を超えても、課税枠として買い続ける。

 

年末に便利そう。金額指定×円貨決済だと問題なさそうですが、株数指定で積み立てていると予定外にNISA枠を使ってしまいそうですもんね。

 

画面イメージ

外国株式取引のページから行けるようですね。本日の夕方開始のサービスなので、まだこの画面反映されてませんでした。

注意点

f:id:yutori1oku:20171220211938j:plain

①NISA枠で購入しないと、買付手数料がかかる

NISA枠で購入すると買付手数料は無料ですが枠外だと買付手数料は最低5ドルから。なので、毎月積み立てていると結構な額になっちゃいますね。まあ、手数料を理解してまとめ買いされている方は問題ないと思いますが。

 

②NISA枠で購入しても、税金はかかる

日本の税金20.315%はNISAの効果で免除されますが、米国の税金10%はかかります。ちょっともったいない気もしますが、自分は気にせず積み立てています。

 

③NISA枠で購入しても、外国株は売却手数料はかかる

これあんまり考えてませんでしたが、売却手数料はかかるみたいですね。国内株はNISAで購入すれば無料みたいですが。。。なので、NISA枠のコスパで考えると日本株の方が有利そうですね。自分は外国株の保有比率を上げたいのでNISA枠使っちゃいます。

 

まとめ

f:id:yutori1oku:20180310092341j:plain

本日、3/10より米国株式/米国ETF定期買付サービスが始まります。手動でコツコツ米国株を購入していた方には朗報になりそうです。自分はとてもうれしい。

金額指定×円貨決済でまずは設定してみようと思います。