「ラ・ラ・ランド」見ました。個人的には、どストライクの映画。

今さらながら「ラ・ラ・ランド」を見ました。賛否両論あるそうですが、個人的にはめちゃくちゃ良かった。

gaga.ne.jp

ラ・ラ・ランド

2016年公開のミュージカル、ロマンティック映画です。舞台はアメリカのロサンゼルス。女優志望のヒロイン ミアと 、古き良きジャズにこだわるジャズピアニスト セブ、二人のラブストーリーです。アカデミー賞6部門受賞したそうです。

この映画、何が良かったって音楽がめちゃくちゃ好みでした。特に映画開始早々のオープニングムービーで持っていかれましたよ。これ。ダンスも良い。

www.youtube.com

ロサンゼルスの高速道路を二日止めて撮影したらしいですが、素敵だー。

自分もダンスかじってましたが、オープニングのダンスが一番クオリティ高めに感じました。どうしても俳優の二人のダンスは一段落ちるかなー。上手かったですけどね。

ラ・ラ・ランドは歌って踊ってスカッとする映画ではないです。ストーリーの中で主演の二人の気持ちが高まった場面をミュージカルにするという手法のようです。個人的にはとても好きです。映画のラストシーンもこみ上げるものがありました。 

いやー良い映画に出会ってしまった。

 

とりあえずラ・ラ・ランドのサウンドトラックをレンタルしてヘビーローテしてます。通勤もテンション上がる。

 

この監督の前作「セッション」も非常に評価が高いので近いうちに見たいと思います。ちなみに監督さんはハーバード大学出身らしいっすね。賢い人は違うなー。