初心者向けの小型ドローン「Tello」購入してみました。

小型ドローンの「Tello」を購入しました。分類としてはトイドローンって言うそうですが、ドローンデビューです。正直、ただの散財。キャンプ行くときにでも持って行って遊ぼうかなと。

 

 

ドローンが欲しくなったきっかけ

この動画です。ドローンを片手に新婚旅行で世界を周った動画です。超好き。影響されやすい自分はドローンを購入しました。

www.youtube.com

Telloとは

公園、オフィス、自宅など様々なところで飛ばせるドローン。TelloはDJI社から2018年3月に発売された新製品のトイドローンです。

 価格:12,800円

 大きさ:9.2 x 9.8 x 4.1 cm 

 重量:81.6g

 最大飛行時間:13分

 動画撮影可能:720p HD

動画の画質や飛行時間が短そうなのは少々気になりましたが、初心者が試しに購入してみるには良さそうだなーと思いチョイスしました。現在、アマゾンのドローンランキング1位。

 

 

Telloを購入した感想

本体はかなり小さいし軽いです。ただ、プロペラがそこそこ大きいので手のひらからは少しはみ出すかな。アプリとスマホで簡単に動かせました。ただ、試しに部屋で起動してみましたが、結構な音とスピード感で恐怖を覚えました。笑

ケガのないように少し広い場所でやったほうが良さそうですね。これから練習しますが一回転させたり、手に乗せたりできるらしいです。

 www.youtube.com

ドローンと航空法

f:id:yutori1oku:20180414122900j:plain

ドローンは航空法で規制があります(飛ばせる場所や飛ばし方)なのでちょっと調べてみました。結論から言うとトイドローンのTelloは、ほぼ自由に飛ばせます。空港周辺や高度150m以上の飛行は国土交通大臣の許可必要みたいです。たぶん自分はそんな所で飛ばさないっすね。

 

航空法では「重量」によって規制対象が決まります。定義は以下の通り。

 ①重量200g以上のドローン⇒無人飛行機(いろいろな規制の対象)

 ②重量200g未満のドローン⇒模型飛行機(空港や高度以外に規制なし)

今回のドローンは約80gなので、②の模型飛行機に該当します。したがって、空港や高度など第99条の2の規制以外は自由です。

 

200g以上のドローンの場合、承認がないと街中や第三者のいるところで飛ばせないようです。詳しくは国交省のページをご覧ください、わかりやすくまとまってます。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省

<無人飛行機:承認が必要となる飛行の場所>

<無人飛行機:承認が必要となる飛行の方法>

 

高性能で大型のドローンも魅力的ですが、規制が多くてめんどくさそうですねー。

 

その他の購入候補

Holly Stone HS160:7920円

最後まで迷ったドローン。

Telloより安くて大体同じスペックでした。プロペラもすっきり収納できるようです。初心者の自分に細かいところはわからないので、ちょっと高かったTelloの方を購入しました。予算内で迷ったら高いほうを選ぶという自分ルール。

Holly Stone HS100:23820円

 

このドローンも最初のころ迷いました。画質もHDなのできれいそうですし、しっかりドローンを楽しめそうなので。結局、重量が200g以上で規制が多そうなのでやめました。

まとめ

f:id:yutori1oku:20180414115152j:plain

トイドローンのTelloを購入しました。決め手は航空法の規制がほぼない、200g以下のドローンというところ。

しばらくは自宅で練習しようと思っていましたが、もう少し広くて近くに人のいないところで練習しててみたいと思います。キャンプやBBQに連れて行こっと。