映画「グレイテスト・ショーマン」の感想。賛否両論あるけど自分は大好き。

映画「グレイテスト・ショーマン」見ました。いやー、賛否両論あるようですが、自分は大好きでした。めちゃくちゃ良かったーー。最近ミュージカル映画を見まくっていますが、ララランド、レミゼラブルを超えて一位っす。

グレイテスト・ショーマン

19世紀アメリカの興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカルです。

貧乏な家の出身で、仕事も長続きしない主人公のバーナム。あるきっかけからオンリーワンの個性を持つ人たちを集めて、誰も見たことのないショーを作り上げます。バーナムはちょっと傲慢で詐欺師まがいのところもありますが、想像力豊かで決断力もある魅力的な主人公のサクセスストーリーです。

ストーリーに多少の山と谷はありますが、基本的に明るく前向き、ハッピーエンドです。気楽に見られる映画です。重い映画って見たあとなんか疲れません?

 

音楽はララランドの作詞作曲チームが手掛けているそうです。ララランド好きなので気になっていたのですが、予告編見ても個人的にはピンとこなかったので映画みてませんでした・・・が、もっと早く見ればよかった!!音楽×ダンス×歌って破壊力半端ないです。素人なのでよくわかりませんが、映像もすげぇカッコ良かった。今、音楽だけ聴いても思い出し鳥肌しました。

↓個人的にそそられなかった予告編。笑

 

名シーンだらけですが、主人公バーナムがバーで若き相棒のフィリップを勧誘するシーンが特に好きです。二人ともイケメン過ぎ、歌もダンスも良過ぎ、バーテンダー良い仕事し過ぎ。笑 なんかこの二人ターン上手ですね。

 

あと、練習風景だけどこの動画も好き。主演のヒュージャックマン、治療直後で歌うの禁止だったけどテンション上がって歌っちゃった動画。みんな楽しそう。笑

 個人的にはかなり好きなのですが、否定的な意見もあるようです。主にストーリーの浅さと伏線放置が低評価の理由。たしかに大きな苦悩もなく、右肩上がりの一本調子でした。自分は気にならなかったのでこの辺りは好みでしょうねー。

いやーレンタルで見たけど、DVD買っちゃおうかなー。