太陽光発電投資について調べてみました。良さそうな点とリスクだと感じた点。

太陽光投資する気満々です・・・が、妻からのストップがかかり暗礁に乗り上げています。笑 株式投資は自己資金だったので黙認でしたが、太陽光投資では融資を使おうとしているのが嫌みたいです。一度体制を立て直すため、太陽光投資の良さそうな点とリスクだと感じる点をまとめました。

f:id:yutori1oku:20180805151615p:plain

 

太陽光投資とは

太陽光パネルを設置して、発電した電気を電力会社に買い取ってもらい利益を出す投資手法です。太陽光投資は数年前から人気が出ました。なぜなら、国が固定価格で電気を買い取ってくれる「再生可能エネルギー固定買取制度」が出来たためです。国が買い取りを保証してくれるため相場の影響を受けずに安定した利益を得られます。

太陽光パネルを自宅の屋根に設置している方もいますが、自分が始めようとしていたのは野立て太陽光投資。それなりに広い空き地に太陽光パネルを設置して売電するというものです。少し田舎にいくと結構設置されています。

価格と利回り

肝心の価格と利回り(儲け)ですが、自分が見てる物件(2018.8現在)の範囲だと

 価格:ピンキリ(ボリュームゾーンは1千~3千万円)

 表面利回り:10%前後 

 実利回り:5~7%前後

でしょうか。価格はパネルを設置できる土地の広さで変わるのでピンキリのようです。多く見かけるのは3千万円以下のイメージです。

ちなみに表面利回りは10%前後をよく見ますが、メンテナンスや固定資産税、事務手数料などを入れると自分の計算では実利回り5~7%くらいになりました。もちろん、融資を使う場合は利子の支払いでさらに収益は悪化します。

色々調べて現段階で「良さそうな点」と「リスクだと感じた点」をまとめました。

良さそうな点

国の再生可能エネルギー固定買取制度(通称FIT)が使える

ç·ç大è£ã®ã¤ã©ã¹ã

再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が決めた価格で一定の期間買い取ってくれる制度。太陽光投資の屋台骨。この制度があるおかげで、安定した収入が期待できます。ちなみに、自分が投資しようとしている野立て太陽光の場合は買取期間20年。国の制度なので安心。

空室リスクがない

太陽光投資と不動産投資は比較対象になりやすいですが、不動産投資の大きな難点である空室リスクが太陽光投資にはありません。だって太陽って基本照らしてくれますもん。もちろん、梅雨や積雪など季節による日照時間ばらつきはあるものの、安定した収益が期待できます。

融資が付きやすいらしい

ä¼ç¤¾ã«èè³ããéè¡ã®ã¤ã©ã¹ã

国の制度が事業の根底にあるため、銀行もわりと融資つけてくれるそうです。さらに、太陽光パネルを設置する土地を担保にするって手もあるみたいなので、融資を通しやすい。地銀、日本政策金融公庫、信販会社が一般的な融資依頼先みたいですね。

手間が少なそう

不動産投資と比べてですが、客付けのためにあれこれ画策する手間がないため、手間は少なそうです。メンテナンスも専門の業者さんにお願いするだけ。もちろん確定申告などの手間はありそうです。ただ、最近は自治体への報告義務など手間が増えてきているかも。。

太陽光パネルの価格/設置コストが下がっている

f:id:yutori1oku:20180805151123p:plainf:id:yutori1oku:20180805151212p:plain

世界中、特に中国市場で太陽光が流行ったおかげで太陽光パネルの価格はかなり下落しています。昔に比べると手を出しやすい価格帯です。さらに設置工事もどんどん安くなってきてるみたいです。

リスクだと感じた点

出口戦略が不透明

åºå£ã®ã¤ã©ã¹ã

最大の懸念は固定買取期間20年を超えた場合、発電した電気を買い取ってもらえるかという点。不透明です。もし売電ができない場合は、固定資産税を取られるだけの金食い虫になってしまいます。パネルを撤去して店じまいする事はできますが、土地は残ってしまいます。通常、太陽光パネル設置に使う土地は活用余地が少ないため手放す事も難しそうです。寄付もできないみたいですし。。。これが最大の懸念点ですねー。

国の制度が厳しくなってきている

徐々に優遇制度がなくなってきて、規制する方向に向かっているのを感じます。昨年度までなら、色々と税制上有利な制度がありましたが今年度は使える制度がほぼありません(去年始めれば良かった)

また、前述しましたが自治体への報告も必要なようです。新しく建設する場合は地域住民への説明も必要みたいです。代行してくれる業者さんもいるようですがなかなかめんどくさい。

自然災害による機器の破損

台風や洪水がによる発電機器の破損リスクも気になります。もっと言うと、機器が流されて第三者を傷つけたり発火に至ったら目も当てられません。この辺りは保険でカバーするってもんですかね。人命に関わらなければなんとかなるかな。

 

まとめ

f:id:yutori1oku:20180801210431p:plain

太陽光発電投資に興味を持っていますが、まだぎりぎり有利な投資だと考えます。ただ、固定買取期間終了後の出口戦略が不透明な点がとても気になります。

なので、土地は賃貸で済ませるor宅地などに転用できそうな土地を選びたいと思います。

まあ、まずは妻の説得をしてみようと思います。会社の副業規制に引っかからないと合意は取れていたので油断していましたが、家族の合意も重要ですよね。